目覚ましでも朝起きれない理由とは

あまりにも寝過ぎて困ってしまいます。

あまりにも寝過ぎて困ってしまいます。

私は一度寝てしまいますと、それはもうぐっすりと寝てしまうようなタイプで、自分でもどうしてここまで寝入ってしまうのかと思うくらいに熟睡してしまいます。

体の健康という事からは熟睡ができるのは良い事なのでしょうが、ただ悩みを抱えている事も事実で、その悩みとは朝起きれないという事になります。

あまりにも熟睡し過ぎて、そのままずっと寝てしまうような感じになっています。

このような方は女の子に多い事が考えられるでしょうが、実際に私のようにずっと寝てしまうような方が他にも多くいらっしゃるのかと考えますと、少し希望が持てたりもするのですが、よく考えますと、このような希望を持ったところで朝起きれない事が直る訳がありません。

このような希望とは目標のレベルとしましては、かなり低いものである事にある時気がつきました。

それに気がついた時、如何に私がわがままに物事を考えているのかという事が分かってしまい、自分自身に対してビックリすると同時に、このままではいけないと思うようにもなりました。

目覚ましの音が聞こえず、お母さんの怒声は聞こえる。

毎日毎日、どうして私はこんなに朝起きれないのかに悩んでしまいます。

朝一番で電車に乗らないと、どうしても学校に遅刻してしまいますので絶対に起きなければならないのですが、自分にとても情けなく思ってしまいますが、見事に毎日のようにそれができないでいます。

これではいけないとは思っていましても、ちゃんと目覚ましをセットしていましても、それでも毎日のように決められた時刻に起きる事ができていません。

過去に一度だけ朝一番の電車に乗り遅れた事があります。

結局その時はお母さんに学校まで直接送って行ってもらって、何とか遅刻だけは免れました。

それ以降は電車にも乗り遅れていなくて、毎日朝一番の電車に乗る事はできています。

朝起きれない状態

しかし朝起きれない事が直った訳ではありません。

もう毎日のようにお母さんに怒られながら起きているのが現状です。

自分でもとても不思議に思ってしまいますが、どうして目覚ましの音は聞こえずにお母さんの怒る声だけが聞こえるのか、ある意味これは才能だとも感じます。